借入をする際に最も重要な”信用情報”

業者からお金を借りる時には必ず信用情報というものが登録されます。信用情報とはお金を新たに借りる際にチェックされる情報で、これまでのキャッシングの利用情報や返済状況について細かに記載されているものです。信用情報はお金を貸した場合にきちんと返済してもらえるかどうかを調べるためのデータになります。お金を借りるという事は信用情報を提供し、新たに記録されるという事になります。しかし、信用情報を登録するということ自体は何も不安に思う必要はありません。

 

この登録された信用情報は借入を行った業者だけに保存されるものではありません。キャッシングサービスを行っている会社の間で共有される情報なので、別の業者なら以前の情報を見る事ができないというわけではありません。つまりある業者で借り入れをしている状態で別の業者を利用して追加で借り入れをする場合でも、総量規制などの借入上限には引っかかってしまいます。業者を変えたからと言って借り入れの上限が変化するわけではないのです。

 

借入の申し込み時には必ず信用情報がチェックされます。嘘の申し込みや情報が間違っていると審査で落ちてしまいます。当然ながら借り入れが沢山あり返済の可能性が低いと判断された場合も審査を通れません。新規で借入をする際にはなるべく借入がない状態にしましょう。

 

クリアな信用情報とは

かならずチェックされる信用情報ですが、どんな状態がクリアと言えるでしょうか?

 

  • 2年間支払いの延滞がない
  • 5年間事故実績がない
  • 借り入れなどのサービスを継続利用している
  • 借入金額が少額である

以上のような状態が良い信用情報と言えるでしょう。

 

2年間支払いの延滞がない

信用情報は2年間保持されます。つまり延滞などの情報は2年前までさかのぼってチェックされることになります。当然ながら返済が遅れている人にお金を貸すのはリスクがたいため借入できない可能性が高まります。延滞した期間が短期間であれば情報を登録される前に支払いが済み見逃してくれる場合もあるようです。

 

これは業者の入金確認処理などの関係でラグが発生するためで、情報登録前に延滞分の支払いが行われれば登録作業をしない事があるためです。ですが、基本的には延滞は記録されると思っておいたほうが良いでしょう。信用機関に問合せをすれば記載されているか開示請求して確認する事ができます。

 

5年間事故実績がない

信用情報の保持期間は2年ですが、強制的に解約をされるような自体となれば話は違ってきます。借金の返済を行わず解約となった場合は事故扱いとして5年間記録が残る事になります。この5年間は同じ信用機関の情報を共有している業者では、借入ができないと思って良いでしょう。実は国内でも信用機関はいくつか存在しているため、別の信用機関のデータを参照している業者であれば借入が可能な場合もあります。

 

借り入れなどのサービスを継続利用している

キャッシングサービスを継続的に利用している人はしっかり返済しているとも言えます。お金を貸す業者からすれば、しっかり返済してくれる上客という事です。完全新規の顧客よりも返済についてはリスクが低いと言えます。

 

入金額が少額である

現在の借入金額が少額であれば返済しやすく貸す側としてもリスクが低くなります。金額は少額である程よいでしょう。また借入している業者の数も少ないほうが安心できます。この4点について気を付けていれば信用情報はクリアなまま維持する事ができます。いざという時に借入が出来ないのは困りますからしっかり返済を行っておきましょう。また、信用情報の開示請求は誰でも可能ですから一度確認しておくと良いかもしれません。

 

まとめ

信用情報はかなり細かく記載されていますし、借入の際には必ずチェックされます。お金を借りる事は悪い事ではありません。信用情報の観点からみると継続利用は優良顧客といえますが、返済だけはしっかりと行うようにしましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日