専業主婦は総量規制に引っかかるけどどうすればいいの?

配偶者や恋人に知られないようにキャッシングを申し込みたいと考えている方が沢山いらっしゃるのではないでしょうか?一番心配なのは、電話や郵便物ではないでしょうか?しかし、電話や郵便物はそれ程バレポイントとはならないんです。それは、事前にしっかりと設定をして手続きをとっておけば済むからです。

 

まず、電話ですが連絡先を自分の携帯やスマホの番号を登録することで、自宅の固定電話にかかってくる心配がなくなります。次に、郵便物ですが、キャッシング会社から送られてくるものといったら、明細書ですよね。明細書は、ネットでWEB明細に設定しておけば大丈夫です。この設定は、申し込みの時点で設定することができますが、忘れてしまっても、あとからWEB上で設定することができます。

 

それから、契約時に送られてくるキャッシュカードは、郵送ではなくて自動契約機か店頭で受け取る方法を選択すれば、自宅にキャッシュカードが郵送されてくる心配がなくなります。郵送物で気を付けておきたいのは、油断した時に送られてくるDMです。これも、事前にDMなど一切の郵送物が送られてこないように、依頼しておくことで避けることができます。

 

仮に、キャッシング会社から郵送物が届いても、キャッシング会社名がバッチリ印字されたものではなく、〇〇事務局などといった風に分からないような名称で送付してくれます。しかし、どこから送られてきたのか分からない郵便物は、怪しまれるきっかけとなります。それに、ネットで調べればバレてしまう可能性が高いので、郵送物は契約時にきっちりと送られてこない手続きを取りましょう。

 

キャッシング利用がバレないか契約後も大変

キャッシングの申し込み手続きを完璧に行ったとしても、それは序章にしか過ぎません。バレないようにするためには、契約後が大変なんです。便利だからといって、銀行振り込みで借り入れをすると、通帳の記帳履歴やネットバンキングにログインした時の振り込み履歴などから足が付いてしまいます。ネットの閲覧履歴は、削除をするのを忘れたりすることが多いのでバレやすいですよ。

 

キャッシングをする時は、専用ATMを利用すれば、明細がその場で発行されるので安心です。それに、専用ATMなら無料でキャッシングと返済ができるので、安心です。提携しているコンビニのATMだと有料になってしまいますので、金利の他に有料でキャッシングをするのは賢い方法ではありませんよね。

 

主婦の場合、カードローンの利用はできない?

キャッシング会社を利用する際には、返済能力を示す必要があるため、専業主婦の方は利用することができません。総量規制の対象となっているキャッシング会社での利用は無理なのです。しかし、パートでもいいので、収入があれば問題ありません。専業主婦の方の場合は、総量規制の対象外となっている銀行のカードローンを利用するという方法があります。しかし、この場合は配偶者の同意を得る必要がありますので、バレずに申し込みたいという希望を叶えることができません。

 

逆に、配偶者の同意を得ることができれば、こそこそせずにキャッシングをすることができるとも言えますね。最近では、専業主婦でも夫の了承を得なくても申し込みができるところも増えてきているようです。その代わり利用限度は、低めの設定となっていますが、兎に角家族にバレずに利用することができます。バレるのが不安な方は、申し込む前に本人確認の方法や、郵送物を全て止めることができるのかなど、しっかりと確認を取っておくことをお勧めします。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日